幼稚園選びの基準 ~人的環境編~

2018年06月15日

都内では空き地や雑木林がないのと同じで、園に園庭がないところも増えています。

空き地や雑木林がないから、遊びが発展しないのか?と言われればそれは違います。

先ずは一番重要な人的環境から。

保育者が人的環境にあたります。

その保育者と在園している子ども達との間に「愛着」があるかどうかを見ると良いでしょう。

単純に「好いている」のとは違います。

子ども達の順応性はとても高く、また賢いです。愛着形成がたとえ上手くいかなくても、その環境で楽しく生活するためには保育者を好いておく必要がありますから、楽しそうにして過ごすものです。

必要なのは「愛着」。

保育者を家族のようにして「ねーねー見て!」「ねー、一緒にやろう」と保育者が引っ張りだこであるのは愛着を持っている証と言えると思います。本気で遊びが始まれば、その声掛けが減るのも特徴の1つです。

また、誰かがトラブルの中で泣いてしまった場合、その子に対して心を寄せているかどうかもチェックポイントとなります。

「はい、もう泣かない。強いもんね。」では心を寄せているとは言えません。

保育者がどれほど園児と共感しているかを見てください。

また、泣いている園児に対して「○○したから泣いているんでしょ!」と決めつけるようにお話しする保育者もいますが、こういうタイプが少数派であると安心できますね。

保育者に対して愛着を持つと心を開いて遊び、遊びから学びへ発展させることが自由で柔軟になりますからとても重要です。また、保育者にさんざん心を寄せて共感してもらった園児は感受性が豊かになり易く、他者への思いやりも育まれやすくなります。

「良い保育者は語り口調が穏やかである特徴がある」と某大学名誉教授が仰っておりましたが、声は大きくても穏やかな語り口調の保育者が多い園は良園である所が多いのは確かですよ。


神奈川県茅ヶ崎市内においてレッジョ・エミリアを基盤にした子ども向け・親子向けの企画を発信しております。下のボタンよりご確認ください。


ご質問、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

ladybuglearningp@gmail.com