9月親子ワークショップ

2018年09月03日

誰かが絵を描いた時、「これは何を描いたの?」「〇〇に見える。」など具体的なモノを求める傾向があると感じます。それに付随して評価も下されることがありますが、そもそも表現活動というものは、何を描く、何を表したかということはあまり重要ではないように思えます。しかし、作品を通して何を見たか、どう感じたかを話すことは重要なことだと思います。それは何故か。一緒に解き明かしていこうと言う内容も含まれております。 


Ladybug Learning Projectの9月の「子ども暮らし方べんきょう会」はワークショップとの抱き合わせ企画、「親子でコラージュアート」です。

現在、参加親子を募集しております。

詳細はFacebook イベントページまで。

また、お問合せやご質問はお気軽におよせください。