これまでLadybug Learning Project主催のイベントにご参加いただいた方からのご意見です

Summer Workshop

親子でコラージュアート

Summer workshopについては、3歳半にも満たない頃の参加でありましが、月日が経っても驚くほど覚えています。お化け屋敷、カマキリ、家の柱...ふとした瞬間、それらを連想させることを見聞きした時、「また行きたい!」と話してくれます。親子ワークにつきましては、親の私自身が「自由に表現する」ことの難しさを感じました。大人にとっても、子どもにとっても、完成されたオモチャよりも『素材』と向き合う時間の方が、遥かに多くの学びや発展、想像以上に広がる発想があると実感しました。同じ作品をみても全く捉え方が違うこと、とても興味深かったです。このワークショップは、目に見える成果とは違い、子どもの自由な表現活動の機会から得られる脳や心への刺激、本来1番大切に育んでいかなくてはならない根っこを作れる大切で貴重な機会だと思い、参加しています。場所見知り、人見知りが強い我が子。自由にクレヨンを選びに何度も行く姿を見て驚きました。この人の居る所には自由があるんだ...と安心している姿が嬉しかったです! 

親子でコラージュアート

コラージュを作るワークショップに親子で参加しました。
2回くらい他のお子さんの作品と交換してその上から描き足していくのですが交換時に息子は少し抵抗する気持ちが見られました。私は、「嫌なんだな」と思いましたが、その場面をしっかり見て下さっていて、終わった後の振り返りの時間にて「自分が創った作品は、その子の分身なのです。なので大切な自分の分身を誰かと交換することに抵抗があったのだと思いますよ。お子さんが創った作品を丁寧に扱うことを忘れないでくださいね。」と教えて下さり、その言葉にとても納得したと同時に、そのような視点が私にはなかったのでとても勉強になりました。参加をして気づいたことは創りあげる事が一番の目的ではなく創る過程での、子供の表情や仕草、行動にたくさん気づける自分であるかを考えさせられるひとときであり、親自身がまず楽しむという事を改めて思い出すワークショップだったなと思いました。また参加したいです!  

親子でコラージュアート


2歳半になる息子と親子ワークに参加いたしました。環境設定がとてもよく考えられており、かつ、心地よく、 大人も少し日常から離れて、リラックスしてワークをさせていただきました。決まりがないので小さい人でも自由に思うままに 描いたり、ぴりぴりと破いたり、貼ったりと、普段なかなか用意してあげられないものに触れて、考えながらも楽しんでいたようです。子どもに見えている世界や景色を大人のこちらが想像して寄り添い、大人側が発見していくことの心地よさ、ワクワクを、見つけられたように思います。とても良い経験をさせていただきました。また、是非参加させていただきたいと思っております。